ラウンジの仕事で会話を楽しむためには

ラウンジのような水商売で働いている女の子は会話が得意なイメージがあるでしょう。しかし意外に「お客様と何を話したらいいのかわからない」という悩みを抱えている女の子は多いです。上手に会話を繰り広げて席を盛り上げるにはどうしたら良いのでしょう。

話題は何を選べばいい?

ラウンジでお客様と話す話題について考える前に、ラウンジではお客様に喋らせる方が重要です。

「ラウンジでお客様に気に入ってもらう方法」はこちら

お客様に出来るだけたくさん喋らせた方が、お客様の満足度は高まります。なぜかというとラウンジにくるお客様は若くて可愛い女の子に自分のすごさを認めてもらいたいという承認欲求が強いからです。女の子がおしゃべり好きで話せば話すほど自分の話をすることができなくなるので、一見盛り上がっているようで実は不満に感じている可能性があります。

なので、お客様が自分のことをどんどん話してくれるようにうまく持っていく必要があります。まずはとにかくお客様のことを褒めることです。褒めて承認欲求が満たされていきテンションが上がっていけば、お酒の力もあり、どんどん口が滑らかになっていきます。

あとはお客様がどのような話題に反応するのか探りをいれる必要があります。よく使われる話題としては以下のようなものがあります。

  • 子供
  • 食べ物
  • ニュース

もちろん一般的な生活でも話題として使われますが、話の展開には普段の会話とは違いを出す必要があります。まず、お客様の考え方や感情を否定しないこと。できるだけ一般的な話に広げて行ってマニアックになりすぎないこと。女の子らしい落とし所を用意すること。面倒臭いタイプと思われないこと。以上のようなことが重要です。

子供についての会話の盛り上げ方

例えばお客様の子供の話題になった時に「泣き声がうるさい」「お金がかかって」などネガティブな発言をされることがあるかもしれません。でもこれに単純に同調するのはちょっと考えものです。自分では否定的な発言をしても他人に否定されるのが嫌なもの、それが家族に関する発言なのです。

ですので、お客様が「女の子だから服とか金がかかって大変だよ」という発言をしたら「でも可愛いからなんだかんだ買ってあげちゃうんじゃないですか?彼氏とかできたら気になって大変そうー」みたいな感じで返すといいでしょう。お客さんのことを否定もせずに会話を盛り上げることができます。

食べ物についての会話の盛り上げ方

また食べ物に関してですが、高級なラウンジに来ているからと行って寿司や高級焼肉、料亭が好きとは限りません。むしろ仕事でそういうお店は使っているのでもう飽き飽きしている可能性すらあります。なので好きな食べ物の話になった時に「寿司」とか「フグ」とかいうと一定の割合でうんざりする男性客はいるでしょう。

例えばカレーとかラーメン、焼き鳥、ハンバーガーのような日常的に食べる食品をあげたほうが話も日常的な内容になりますし、男性客としてもこの子庶民的だなと安心する方が多いです。どのお店が好きというようなピンポイントすぎる話にするよりは、食品の性質や料理の仕方や味付けなど一般的なエピソードに落とし込んだほうが話が続きます。

ニュースについての話題の盛り上げ方

ニュースの話題については政治・宗教の話題はNGです。人によってかなり主張が違いますし、ラウンジで込み入った討論をしたいと思ってくる人はいません。ただし、お客様が触れた話を上手に拾うことは大切です。「そこ拾えるんだ」と思われることでお客様のあなたに対する見方が変わる可能性があります。ただ若くて可愛い子と追う印象しかなかったけれども一式が意外に幅広い賢い女の子という見方になるのです。「この子にならもっと固い話題振っても大丈夫」と思って饒舌になるお客様も一定数います。

ですので政治・経済・文化・スポーツの話題は幅広く頭に入れておくのが良いでしょう。専門性を極度に高める必要はありませんが、特に時事ネタを完全に押さえておくと会話が途切れた時に「そうそう、今日の朝のニュース見で見たんですけど」的な感じで使いどころが便利です。

会話が途切れた時にはどうするか

会話が途切れた時にはやはり前述の通り時事ネタは便利です。「そういえば今朝ニュースでやってた事件見ました?」とか割と自然な感じで切り出すことができます。あとはやはり褒める部分をそこまでの会話の中から探し出しておくことが大切です。

とにかく席に着いてから感じたことで、なんでもいいので話題となりそうなことを頭の中にとどめておきましょう。困ったらそれを使うという意識を徹底することで会話を続けることが可能になります。

ラウンジで上手に会話を続けて接客を楽に

ラウンジで会話が楽しく弾めば、時間が経つのも早いですし、お客さんの暴言や下ネタトーク、おさわりなども回避できる可能性が高くなります。お客さんを褒める、褒める材料を探す、会話を拾うことを意識しましょう。

関連記事

  1. ナイトワークの接客の基本5つ!

  2. ラウンジでお客様に気に入ってもらう方法