赤坂のナイトワークの特徴、エリア情報

赤坂のナイトワーク | 高級会員制ラウンジ求人サイトLoungeOne(ラウンジワン)

赤坂は日本で最大のビジネス街です。近隣には日本の大企業、外資系の日本支社、無数の中小企業の本社が集まっています。六本木や永田町、虎ノ門、新橋へのアクセスもよく、外国人ビジネスマン、旅行客が日本での活動の拠点とするホテルも数多くあります。とはいえやはり赤坂の主役は日本のビジネスマン。新卒の若者から経営者まで幅広い年齢層が赤坂の街で活動しています。

 

夜7時をすぎると赤坂は夜の街へ徐々に変貌していきます。赤坂にあるのはキャバクラ、スナック、ガールズバー、会員制クラブ、韓国パブ等、かなり幅広い業種があり、女の子も自分の容姿や経験に合わせてお店を選ぶことができます。

 

「赤坂のクラブ」というとなんだか定番のワードなため敷居が高いのではないかと感じる女の子もいるかもしれません。しかし、実際はそこまでハードルは高くありません。もちろん高級クラブや高級キャバクラもありますが、一般的な収入のサラリーマンが遊べるような大衆キャバクラやスナックも多数あります。

 

客層的には基本的には酔っ払いのサラリーマンが9割だと考えればOKです。六本木や西麻布、恵比寿などと比べると客層は落ちますが、その分入店に関するハードルも低いです。客層が落ちるといってもマナーが悪いという意味ではなく、しっかりした会社に勤めるホワイトカラーのビジネスマンがほとんどなので、基本的なところはしっかりしています。キャバクラやクラブの年齢層としては40代の会社員が多く、たまに上司に連れられて夜のお店初体験の若い男の子がやってきたりします。

 

女の子にとっては比較的働きやすいエリアです。ハードルがそこまで高くなく客層がしっかりしているので、最初から時給6,000円以上のような高額を望まなければ無理せず勤務を開始できるでしょう。好まれる女の子のタイプとしては、素人っぽい雰囲気。女子大生や女子アナのような雰囲気の清楚な感じでも大丈夫です。この辺りも比較的エリアが近い六本木や西麻布とは異なる点です。

 

お給料としては時給3,000円程度からのスタートのお店が多いです。ガールズバーやスナックだともう少し安く2,000円程度からの場合も多いです。東京の中心のエリアですが、とっつきやすいお店が多いですし、渋谷、新宿、上野などどこからでもアクセスがいいのも嬉しいです。

赤坂のおすすめ店舗はこちら

関連記事

  1. 六本木のナイトワーク | 高級会員制ラウンジ求人サイトLoungeOne(ラウンジワン)

    六本木のナイトワークの特徴、エリア情報

  2. 西麻布のナイトワークの特徴、エリア情報

  3. 恵比寿のナイトワーク | 高級会員制ラウンジ求人サイトLoungeOne(ラウンジワン)

    恵比寿のナイトワークの特徴、エリア情報

  4. 銀座のナイトワーク | 高級会員制ラウンジ求人サイトLoungeOne(ラウンジワン)

    銀座のナイトワークの特徴、エリア情報

  5. 新宿のナイトワーク| 高級会員制ラウンジ求人サイトLoungeOne(ラウンジワン)

    新宿のナイトワークの特徴、エリア情報